アカモクから取れるフコイダンの効能とは?

海藻1

健康成分が多く含まれていることで知られる海藻類。その中でも近年注目を集めているのがアカモクです。見た目はモズクに似ていますが、非常に高い健康効果を持つことが分かっています。アカモクの成分の中でも、特に注目されているのがフコイダンです。参照元>フコイダン:ヴェントゥーノ

サプリなどでも販売されているこの成分にはどんな効果があるのか、詳しくチェックしてみましょう。

アカモクってどんな海藻?

アカモクは海藻の一種で、ワカメやメカブなどと同じ褐藻類に属します。褐藻類とは赤褐色の色素を多く持つ海藻の種類で、アカモクという名前も成長すると赤褐色になることからつけられました。生命力が強いことでも知られている海藻で、長くなると7メートルほどにもなります。

東日本各地の沿岸に分布しており、この地域で昔からよく食べられていました。特にメジャーなのが秋田県です。日本海の沿岸は波風が強いためワカメやコンブといった海藻が上手く育ちません。そうした場所でも育つアカモクは、大切な食料として親しまれていたのです。

一方で太平洋側では、アカモクは邪魔な海藻だとされてきた過去があります。太平洋側の海ではワカメやコンブが育つため、それほど重要視されていなかったことが理由の1つ。更に流れ藻として波間を漂い、養殖施設や刺し網に絡みついたり、船のスクリューに引っ掛かってしまうため、漁業者からは仕事の邪魔になるとされ、食用ではなく畑の肥料などに使われていました。

近年ではその健康効果が注目され食べる習慣のなかった地域でも積極的に水揚げされるようになり、全国各地に出荷されるようになっています。

アカモクを食べるときの注意点

サプリ11

アカモクはもちろん食べることができます。それ自体に味がほとんどないので、いろいろな調理ができるのが特徴です。とろろや納豆に足したり、みそ汁に入れたりするだけで、簡単に楽しむことができます。アカモクを食べる時に必ず守らなければならないのが、生食を絶対に避けるということです。

アカモクはヒジキと同じくホンダワラ科に属する海藻です。このホンダワラ科の海藻は、海藻の中で例外的に無機ヒ素を高い割合で含んでいます。生のまま食べてしまうと、健康効果を得るどころか逆に健康を損ねることになってしまうため注意が必要です。

アカモクのヒ素は、加熱することで除去することができます。

特に水から茹でて沸騰した茹で汁を捨てる「ゆでこぼし」によって9割のヒ素を取り除くことができます。食物繊維が豊富に含まれているため、一度に大量に食べると下痢をしてしまう可能性があることも注意しておきましょう。

1日30グラム程度を上限にするのがおすすめです。また、ヨウ素を多く含んでいる点にも注意が必要です。ヨウ素は甲状腺ホルモンの元になるため、甲状腺疾患を持っている人は特に気を付けなければなりません。

アカモクの成分

海藻15

アカモクにはフコイダンの他に、フコキサンチン、食物繊維、ビタミンK、ポリフェノールなどが豊富に含まれています。フコキサンチンとは、アカモクの赤褐色を作り出す色素です。抗がん作用や脂肪燃焼作用、糖尿病の予防など幅広い健康効果を持つことが分かって来ています。

また、美肌効果やアンチエイジング効果にも優れているため、美容効果を取り入れたい人にもおすすめです。海藻はそもそも食物繊維を多く含んでいる食品ですが、アカモクの含有量は随一です。食物繊維は便秘を改善することで腸内環境を整える効果があります。

これによって体の免疫を高めたり、肌荒れを改善する効果が期待できるのです。もちろん、便通が良くなることで体重を減らすことにも繋がります。ビタミンKは「止血のビタミン」と呼ばれるほど重要なビタミンです。主に血液の凝固に大きな関係を持っており、ビタミンKが不足してしまうと、皮下出血や粘膜出血が多くなると言われています。

ポリフェノールは、チョコレートや赤ワインなどにも含まれている渋みや色素の元になる成分です。抗酸化作用に優れており、体の錆びつきを予防します。また悪玉コレステロールの増殖を抑制することも分かっているため、成人病予防などにもつなげることが可能です。

フコイダンとは

アカモクの成分の中でも特に注目を集めているフコイダンとはどのようなものなのでしょうか。そもそもフコイダンとは、海藻類のヌルヌル成分のことです。食物繊維の一種で、多糖類の仲間になります。世界中で研究が進んでおり、健康や美容に役立つさまざまな効果が発見されています。

まだヒトでの検証実験が少なく全てが科学的に解明された訳ではないので、これからも研究が盛んになっていくだろうと考えられています。

注目されている効能

フコイダンで最も注目されている効果は、抗腫瘍効果です。アカモクに含まれるフコイダンには、ガン細胞と戦うNK細胞を活性化させる働きがあるとされています。実験でフコイダンを混ぜた餌をマウスに食べさせたところ、食べさせていないマウスと比較して明らかな腫瘍抑制作用が見られました。

フコイダンには、ガン細胞を「アポトーシス」に誘導する効果があるとも言われています。アポトーシスとは「遺伝子に支配された細胞死」のことです。そもそもガンとは遺伝子に異常が起きることで正常なコントロールを受け付けなくなり、自律的に増殖するようになった細胞のことです。

本来であれば異常が起こった細胞は、アポトーシスによってがんになる前に取り除かれているのです。がん細胞にアポトーシスが起こると、遺伝子が断片化されて消滅することになります。つまり増殖を妨げることが可能になるのです。

こちらもマウスを使った実験によって、研究が進められています。この他にも、抗アレルギー作用や体重増加抑制作用など、いろいろな健康効果を持つことが判明しています。

サプリメントを選ぶときは

フコイダンを試してみたいと思っても、毎日海藻を食べるのは大変です。そんなときはサプリメントを利用するといいでしょう。フコイダンのサプリメントには、液体タイプや顆粒タイプ、カプセルタイプなど様々な種類があります。

中には水に溶かしてとろみをだすという商品も。基本的にはどれを選んでも効果は変わらないので、自分に合ったものを選ぶのが一番です。サプリメントは続けることが大切なので、価格なども参考にしながら続けやすいものを選ぶようにしましょう。